結婚祝いに好まれる贈り物と注意点

subpage1

最近では結婚祝いをお渡しするときはご祝儀袋に現金を入れて渡すのが一般的になっていますが、現金以外にも贈り物を渡しても問題ありません。

むしろ本来は品物で贈る方が正式ですので当然マナー違反にはなりませんし、現金と品物の両方を渡すということでも大丈夫です。



結婚祝いの贈り物として喜ばれやすい品物は、新生活で使うと役に立ちそうな食器類や、キッチンの小物であったりインテリアに飾るとおしゃれな小物などを渡すのがおすすめです。

親しい間柄ならば、事前に相手の希望や好みなどを情報収集しておくと、相手のニーズによく合った贈り物をすることができます。逆に、一般的によくある、ありきたりな贈り物は他の人重なってしまうこともありますので要注意です。ただし、結婚祝いとして送るにはふさわしくないタブーというものが存在しますのでしっかりと確認しておきましょう。

贈ってはいけない代表的なものとしては、縁が切れてしまうということを連想させる刃物や、割れてしまうことを連想させる陶器や鏡などは避けた方が無難です。
どうしても何を送れば良いか分からないときは、カタログギフトを贈るという手もありますし、相手が希望しているならば商品券などでも問題ありません。

エキサイトニュースに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

結婚祝いを贈るときののし紙は、紅白か金銀結び切りの水引のものを使用しましょう。



最近は、贈り物を購入する業者で、のし紙の準備をしてくれることも多く、気持ちの伝わるメッセージカードを添えることができるサービスもありますので積極的に活用しましょう。